社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画をアーカイブ化するために気をつけることは?

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/04

動画配信システムでは、視聴者に対して自社が提供したい内容を動画として配信できます。ただし、誰に対しても同じように配信できるわけではありません。時間の都合や内容によっては、コンテンツを見られないユーザーもいます。そういった人のためにも、まずは自社が用意している動画配信サービスを最善の環境に整えることが大切です。

動画配信とアーカイブの違いを知っておこう

一般的に、動画配信システムには状況に応じた2つのサービスがあります。まず、動画を作成してサイト上で配信するという方法です。動画をアップロードすることによって、それを誰もが見られるようにしておくことで、より多くのユーザーに届けられるようになります。動画の作り方に関しても、いくつか方法があり、たとえば、自社で専用のツールを利用して作っていく方法です。必要な部分を編集してナレーションなどを独自に導入していくことで、オリジナリティのある動画を動画配信システムで配信できます。

一方で、リアルタイムで動画配信を行うことも可能です。これは、いわゆる生放送と呼ばれるものです。ライブ配信を行うことによって、現状でその放送を見てくれている人を優先してサービスを提供できます。こういった方法を利用することでも、動画を作ることは可能です。

生放送で配信された内容は、それを視聴できなかった人のために、1つの動画として後から見られるようにできる機能があるからです。こういったものを、アーカイブといいます。自由な時間に視聴できる利点から、とくに生放送で配信された動画はアーカイブ化されることが多いです。最初から作成されて編集された動画と異なって、後付けがありませんのでそのままの状態で動画として保存されることに大きな違いがあります。

動画の内容に応じてアーカイブの仕方を変えよう

アーカイブ化をするときには、どういった過程で行われたのかを必ず確認しなくてはいけません。たとえば、アーカイブ化されたもので再生リストを作る場合には、同種の内容でまとめた方が、コンテンツを視聴するユーザーにとってもわかりやすいでしょう。とくに、独自にアップロードした動画を配信する場合には、入念な編集作業が行われていることが多いようです。きちんとグループ化しておけば、後から配信を視聴したいと考えている人にビジネスの観点からアピールもしやすくなります

同様に、生放送などをアーカイブ化したいと考えている場合は、とくに動画の長さに気をつけなくてはいけません。これは、動画配信システムを提供している会社の多くが、時間的な制限を設けたサービスを提供していることが多いからです。たとえば、動画配信システムの中には月額で5万円程度から利用できるものも少なくありません。これは、視聴者と動画の時間の長さに制限を設けているからです。また、リーズナブルな価格で利用できるようにする一方で、ターゲット層を限定する制約が存在します。

リアルタイムでの配信を主としてサービスを利用したい場合、この点を理解しておかないと時間オーバーしている動画をアーカイブ化できないケースもあるでしょう。オプションをつけるとさらにコストが必要になる場合も多いので、この点は必ず知っておかなくてはいけません。

アーカイブ化にセキュリティの問題がないかをチェックする

アーカイブ化を行うときに最も重要な注意点が、セキュリティに問題が存在しないかどうかです。これに関しては、法律的な観点からも複数注意点があります。

まず、著作権をきちんと守っているかどうかという点です。アーカイブ化された動画は、いつでもネット配信ができる状態になっていることを意味します。当然、そのコンテンツに著作権上で問題となる内容が存在するときは、法律に違反してしまう可能性があります。収益性の存在する動画である場合には、大きな問題に発展する可能性もありますので、自社の著作権上の問題も含めて必ず確認しておかなくてはいけません。

また、アーカイブ化するときには外部から容易にダウンロードができない仕組みにしている必要もあります。動画配信システムでありがちなのは、不正行為によって勝手に動画を拡散されてしまうことです。仮に、有料コンテンツとしてアーカイブ化しているときや会社の重要な会議を映した動画を保存していたときには、大切なデータが外部に流出してしまうことになります。

一度流出したデータは高速にネット上で拡散されてしまう可能性があるので、この対策もとても大切です。とくに、動画配信システムで提供される動画には多くのユーザーにとって有益な情報が含まれています。アーカイブ化するとそれが長期間で残るので、それを守るための対策をすることは必須でしょう。

 

動画配信システムを利用すれば、アーカイブ化することはそれほど難しくはありません。重要なのは、安全にかつ長期間その状況を保ち続けることです。セキュリティが甘かったり、コストが高くなりすぎたりしないように考慮して、最善のサービスを探すことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく