動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムサービスの比較ポイント|費用・機能・セキュリティ

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/02

動画配信システムを導入するときには、さまざまなポイントを比較しなくてはいけません。それぞれの目的に応じて本当に有効活用できるのか、コストパフォーマンスが優れているのかを確認する必要があります。通常の動画配信サービスとは異なった観点からシステムを構築することになるため、前提知識を理解してからよいサービスを探すことが大切です。

WEBで提供される2つの動画配信システム

一般的に、WEB上で提供されている動画配信サービスには大きく分けると2つの種類が存在します。まず、不特定多数のユーザーを対象としているものです。世界中で最もポピュラーなものとして提供されているものであり、多くのサービスが無料で提供されているのが特徴です。汎用性が高いということもあって、ある程度デバイスの能力が劣っていても利用できるという魅力が存在します。

ただし、不特定多数のユーザーに対してサービスを提供するシステムを構築するためには、膨大なコストが必要でしょう。これは、サーバーなどを管理するための設備を大規模に準備しなくてはいけないからです。企業が準備できるコストや予算を大きく超えているものであるため、現実的ではないコストになってしまうこともあるようです。普通は、スポンサーなどをつけることを前提にサービスを提供します。

そして、もう1つが特定の組織などに対して提供される動画配信サービスです。大学や専門学校、特定の企業に向けて提供されることになるため、独自のネットワークを形成してサービスを提供できます。前述のものと比較すると、特定のターゲット層にのみに対応したサービスであれば、コストパフォーマンスを重視した高性能な動画配信システムを構築できるでしょう。月額で5万円程度から利用できるものもあり、その中には大手の企業が利用している実績が存在するものもあるため、使いやすいようです。

目的に応じた機能が利用できるかどうかが重要

無料で利用できる大型の動画配信システムでは、誰でも簡単に使えるために容易にダウンロードやアップロードできるようになっています。しかし、これは企業としての立場から考慮すると好ましくないポイントもあります。とくに、ダウンロードの機能については必ず考えておかなくてはいけません

たとえば、ある企業が特定のターゲット層に対して動画配信システムを導入するときには、有料のサービスも視野に入ります。この場合、簡単に動画をダウンロードできる機能を導入してしまうと、他のユーザーにその動画が拡散されてしまう可能性も出てくるでしょう。実際に、動画コンテンツの無断転載は企業の収益を大きく落とすマイナスポイントになっています。この点、デジタル著作権の機能を充実させておけば、こういった問題点を防ぐことが可能です。

同様に、企業が動画配信システムを導入するときには、そのサービスを利用して社内の情報が流出しないように気をつけなくてはいけません。利便性の追求とセキュリティの厳格さの追求を比較しても、将来的にターゲット層が決まっていて有料のサービスを提供したいときには、一定の制限を設けた方がコストをおさえられるメリットもあります。

具体的には、保護者の閲覧許諾や視聴者の年齢制限を設けるなどといった機能をつけることです。単純にダウンロードなどを禁止するだけではなく、利用ユーザーとの紐づけができる機能なども導入しておけば目的に応じて管理がしやすくなります

動画配信システムで欠かせないセキュリティ対策

動画配信システムは、完全に安全なサービスというわけではありません。WEB上でサービスを提供する以上は、他のサービスと比較しても外部からの攻撃を受けやすい環境にあります。実際に、動画配信サービスを対象とした攻撃行為は頻発しているようです。実際にこういったトラブルが発生した時に対応できるようにしておくのが、優良なサービスだといえるでしょう。

たとえば、外部漏洩対策としてはSSL対応や暗号化は必須になります。動画配信を行いたいときには、その動画を自社で配信しているのだという証拠も残さなくてはいけません。その証拠を残すために重要なのが、透かし表示です。動画に直接的に透かしを入れることによって、動画が無断転載されたときに自社に著作権が存在することを主張できます。これも、簡単に実施できるセキュリティ対策の1つです。

また、特定のターゲット層に対してのみサービスを提供する時には、利用ユーザーをきちんと管理できるセキュリティシステムを導入しておかなくてはいけません。IDとパスワードを配布して、誰がどういった動画を視聴したのかを管理できるようにしておけば、怪しい行動をとっているユーザーを特定しやすくなります。

さらに、セキュリティ対応に関するサポートが充実しているかも比較の重要なポイントです。セキュリティが破られたときに責任を取ってもらえないサービスは信用できないので、その点もチェックしておきましょう。

 

動画配信システムは、利用するサービスで機能が異なります。優良なサービスほど使いやすくなっていることに違いはありませんが、自社の目的に応じた機能やセキュリティ対策ができないと意味がありません。そのため、必ず要所をチェックして条件を満たしているものを選択しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく