社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

無料の動画配信システムはどこまでできる?サービスやサポートの内容

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/04

動画配信コンテンツの利用者は近年増加しており、今後もその利用は増え続けていくでしょう。企業も商用として活用することが一般化しており、ビジネスにおいて集客や新規開拓の手段として用いられています。企業が活用する際は有料の法人向けサービスを活用することが多いシステムですが、無料の動画配信システムも活用価値は高いようです。

有料サービスと無料サービスそれぞれの利点

ビジネスシーンで動画配信は必須ともいえる時代ではありますが、企業は個人より多くの情報をもっています。担当者の多くはコスト面を考えて、法人向け有料サービスか、無料で動画配信できるサービスを利用するか悩ましいところでしょう。

無料動画配信システムを活用するメリットは手軽さです。最たるメリットともいえ、コスト不要ですぐに利用できるのは大きなポイントです。手軽に始められて認知度をあげる目的や共有したいという考えをすぐに行動に移せる選択肢でもあります。

無料動画配信サービスで活用されているものには、世界1位のプラットフォームもあるようです。それらはユーザーが多いので動画の拡散性は期待できるでしょう。無料動画配信システムは多くの方が利用しているだけでなく、検索アルゴリズムにおいても強いものもあり、ヒットされやすいのもポイントです。

有料動画配信サービスは企業のもつ情報を守ることに特化しています。セキュリティが高く、会員限定や課金配信などの閉じられた環境下でも強いのが特徴です。サポートは有料なので無料のものよりも充実しており、不明点についてサポート体制がしっかりしています。ビジネスにおける助言も受けられるところもあり、企業が動画配信システムを活用しようと考える場合、まず考えられる選択肢です。それぞれに利点がありますが、個人ではなく企業が検討する場合、セキュリティ面は疎かにはできません。

無料と有料サービスそれぞれにも弱点はある

無料動画配信サービスも有料動画配信サービスもそれぞれ注意点はあります。手軽さと拡散性の高い無料サービスの場合、セキュリティは担保しがたいでしょう。URLが部外者に漏れると、それを知っている人なら誰でも視聴することができます。企業の場合、社外秘の情報が含まれる動画だと、配信は実質不可能と判断するのが正常でしょう。

セキュリティの面は企業セキュリティ方針によって視聴ができない場合も発生します。個人では可能でも社内のパソコンで視聴することはできないなど、ファイアーウォールでブロックしているケースはいくつもあるようです。

有料の場合も決して万能ではありません。当然費用は発生し、その費用は固定課金と従量課金といった形態が大半なので活用前には検討が必要でしょう。導入前の検討にはスペックも含まれ、有料の場合はさまざまな機能がついているのも特徴です。しかし、オーバースペックであるケースも多く、さまざまなことが実現できると考えられますが、その分費用も上乗せされます。目的に応じて企業が最も活用しやすいサービスを選定する事が大切です。

このように有料の動画配信システムも万能ではなく、企業によっては無駄が多すぎる代物になりかねません。セキュリティ面を考慮して選択されることが多いですが、拡散性も低下します。ただし、閉鎖的な環境での活用には強いので、企業の動画配信する目的によって検討することが重要でしょう。

無料の動画配信システムの基本的な目的を知っておくこと

企業がビジネスに活用する動画配信システムでは、セキュリティは疎かにできません。しかし目的は企業ごとに異なるため、目的に応じて両方活用する選択もあります。

無料サービスでも利用や導入のサポート体制は充実しており、電話相談可能でサポート事務所を用意しているのです。利用自体は比較的簡単に行え、困った際にも相談できます。企業が懸念するものに動画コンテンツの保護やウィルスがありますが、基本的にコンテンツの保護は実装されていません。動画を個人がダウンロードする方法もあるので、それを防ぐことは困難です。ウィルス対策については自社の機器のセキュリティに頼ることになるでしょう。

しかし、無料動画配信システムを活用する目的は、そもそも企業や個人問わず、広告や宣伝目的に幅広くユーザーに対して動画を共有したり拡散したりすることです。動画コンテンツの保護は重視せず、多くの方に知ってほしいという考えで活用するサービスといえるでしょう。

セキュリティについても有料より強度がないのは、このような目的があるからです。有料でないといけない配信はそれを活用し、多くの個人・企業問わず知ってもらうことを目的にする配信は無料と使い分けましょう。有料だから目的に合致するとは限らず、自社が何を目的に動画配信するのかによって選択肢は変わります。基本的に有料でできることの大半は実現可能でしょう。

 

企業が動画配信システムを活用してビジネスに活かす際、法人向けの有料配信サービスを活用するのが多いようです。しかし配信する目的が自社の営業目的であり広く知ってもらいたいと考えるなら、有料配信サービスにこだわる必要はありません。セキュリティ面で劣りますが、無料配信サービスは拡散性が高いので営業目的に合致しています。社外秘のものと社会に広く知ってもらいたいものと、それぞれ使い分けるのもよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく