動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムの仕組みを知ろう!アップロードから配信されるまでを解説

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/04

現在はインターネット回線を利用して動画を配信する方法が多く用いられており、娯楽やビジネスなどの用途に活用されています。動画配信システムには、YouTubeのように一般向けまたは特定の会社や登録した利用者のみに配信するものがあるようです。基本的な仕組みは同じで、ネット上のデータサーバーに保存した動画ファイルを送信しています。

動画配信システムの基本的な仕組みとは

テレビやラジオでは放送局が音声や映像の信号が含まれた電波を飛ばして、視聴者がテレビやラジオ受信機で電波をキャッチして視聴します。これに対して、オンライン上の動画配信システムでは、あらかじめ動画データのファイルをインターネット上のファイルサーバーに保存しておき、視聴者はサーバーから動画ファイル(MP4・WMV・MPGなど)を読み込んでWebブラウザや専用のソフト・アプリで再生して視聴する仕組みです。サーバーにファイルが保存されている間であれば、視聴者はいつでも好きな時にオンデマンドでデータを読み込んでストリーミング方式で動画を視聴できます。

オンライン上の動画配信システムを利用すれば、視聴できるユーザーを限定することが可能です。視聴者を限定したい場合は、動画データを保存しているファイルサーバーのアクセス権を設定しましょう。アクセス権を設定する場合は、配信者が発行するアカウントIDを持つユーザーや、特定のIPアドレスしかアクセスができないようにする方法などがあります。

機密性の高い内容が含まれる場合は、暗号化されたファイルを使用してください。暗号化を行うと、データを解読して再生可能なプレイヤーを持つユーザーだけが視聴できます。配信する側が動画データのダウンロードを許可すればユーザーは自分のデバイス(PCやモバイル端末)にファイルを保存でき、後からオフラインで視聴することが可能になるのです。

動画を配信するために必要な作業とは

オンライン上の動画配信システムを使用してセミナーやその他のコンテンツを配信するためには、作成した動画データをサーバー上にアップロードする作業が必要です。この作業はYouTubeなどの一般向けの動画投稿サイトも同じで、最初に使用する配信システムに適合する形式で動画ファイルを作成します。

動画配信システムに適合するファイルを作成したら、オンライン上の指定されたサーバーにデータをアップロードしましょう。場合によってはデータを指定された形式に変換する必要があり、自前のサーバーを利用する際は、アップロードの前にエンコード作業が必要になります。

クラウドサービスを利用する場合は自動的にエンコード作業が実行されるので、MP4などの指定されたファイル形式のデータをサーバーに送信すれば完了です。データをアップロードする際は、サーバーの空き容量や1ファイルあたりのサイズの上限に注意しましょう。

動画をアップロードした直後はアクセスが許可されていない状態なので、内容を確認してから公開設定する必要があります。アクセス権を設定して公開設定をすると、一般ユーザーまたは許可されている一部の人がデータにアクセスして動画を視聴できるようになるのです。配信を停止したい場合は、サーバーにアップしたファイルを削除するか、アクセス権を設定して非公開に設定しましょう。

オンライン上で配信される動画を視聴する方法とは

サーバー上にアップロードされて公開設定が行われると、アクセス権を持つ視聴者が自由に動画を視聴できるようになります。ユーザーがオンライン上で配信される動画コンテンツを視聴する方法ですが、PCであればWebブラウザや専用のソフトウェアを利用します。スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器を利用する場合は、専用のアプリを使用する方法が一般的です。YouTubeなどのように一般向けに公開される動画配信サイトであれば、Webブラウザやモバイル版のアプリを利用すれば誰でも自由に視聴できるでしょう。

これに対して特定のユーザー向けのコンテンツを視聴する場合は、アクセスできるのは配信者が許可したユーザーに限られます。特定の限られたユーザーにのみ配信されている動画コンテンツを視聴する場合は、最初にアカウント認証を行ったり、特定のネットワーク内でアクセスしたりする必要があるようです。

クラウド型の動画配信サービスを利用する場合は、PCのWebブラウザで指定されたサイトにアクセスして、ログイン認証を済ませるとプレイヤーが起動してコンテンツを視聴できる仕組みが多いようです。スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器を使用する場合は、専用のアプリを利用して動画を再生します。ダウンロードが許可されている場合は、デバイス内のストレージに動画ファイルを保存してから再生することも可能でしょう。

 

自前でサーバーを設置して動画配信システムを構築する場合は専門的な知識が必要ですが、クラウド型のサービスであれば誰でも簡単に動画コンテンツの配信ができます。いずれの場合も、指定されたファイル形式で動画データを作成してからサーバー上にアップロードしてアクセス許可の設定をして配信が開始する、という一連の流れは同じです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング
記事一覧

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく