社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムの構築・開発業者の選び方

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/04

高速のインターネット回線の普及により、動画配信システムを導入・検討する企業が増え、それにともなってシステムを構築・開発する業者も急増しています。さまざまなサービスが展開されている動画配信のシステムですが、構築・開発業者をどのように選べばよいのでしょうか。本記事では複数のポイントを紹介するため、参考にしてください。

利用する目的を考えて構築・開発業者を選ぶ

動画配信システムといっても、利用の仕方はさまざまです。たとえば、社外や一般向けにオンラインセミナーを開催し、採用活動の一環として会社説明会に使いたいというケースがあります。ただし、このような利用では、視聴する人数が多くなったり、海外で視聴したりするということもあり得るでしょう。

また別のケースでは、社内研修や中途採用者の研修など、比較的人数が絞られた中で、視聴者も特定された状況で使用することを想定しているものもあります。つまり、どのように利用するかによって、必要となってくる機能や利用すべきサービスが異なってくるため、構築・開発業者を選ぶ前に、まずは自社でどのような使い方をするのかを検討することが大切です。

具体的な検討事項の1つとして、まず動画の配信の拠点数を考えます。配信するのが1拠点なのか、それとも複数の拠点で配信する可能性があるか、さらには国内だけで配信するのか、海外での配信を考えているかということです。さらに、配信を予定している動画のファイルサイズもおさえておきます。

加えて、動画配信を事業として行う場合は、有料視聴への対応が可能かどうかや、視聴者の履歴などを管理してさらなるサービス利用につなげられるかということも検討しましょう。また、予算も大切な要素なので、とくにデータ容量や利用人数などを想定しておくことで比較検討がしやすくなるのです。

データ容量やサービス内容も検討する

動画配信システムの比較検討をするとわかることですが、多くの構築・開発業者はデータ容量の上限を設けています。動画は通常の文書などと違い、写真などの画像をアニメーションのように再生する仕組みなので、思った以上のデータ容量が必要になるのです。一般的には1GBで2時間程度の動画が保存できるとされていますが、いったん動画配信システムを使い始めると用途の幅が広くなり、思った以上にデータ容量を必要とする場合もあります。自社でどれくらいの容量が必要か、予測を含めて把握して、最適なデータ容量を提供する業者を選びたいものです。

また、一般的には1GBで2時間程度の動画が保存可能ということですが、1秒間で再生される画像の数を調整して画質をカスタマイズできるようになっており、この画像数が多いほど容量が必要になります。それで、自社が利用する動画の質にも注意を払って検討することが大切です。

また、各社が提供するサービス内容も検討事項となるでしょう。たとえば、近年ではライブ配信システムが人気で、ライブコマースなど有用な宣伝手段として使われています。このライブ配信システムは社内で各拠点をつないでの会議やイベントの開催などにも向いているため、汎用性の高い機能といえますが、業者によってはオプションで別料金になっているところもあるので、ライブ配信が必須という企業は検討時に注意が必要です。

使いやすさとセキュリティの両立が大切

動画配信システムは今でこそ一般的に使用されるようになりましたが、従来は商用利用されてきた経緯もあり、専門家やその道のプロが好む多機能のものもあります。自社で運用するスタッフのスキルに応じた使いやすいシステムの導入が必要です。また、導入時とともに導入後のサポート体制も選定するうえで大切にしたい要素でしょう。

動画配信システム構築・開発業者は、どのような客層をターゲットにしているかによって、システムづくりやアフターフォローに温度差があるようです。とくに動画配信システムの導入・運用経験が浅い場合は、導入前や導入時に丁寧にヒアリングする会社やサポート体制がしっかりしている会社を選びましょう。また、導入後のサポートでは、メールだけでなく電話での窓口を設けていると相談しやすいですし、解決までの時間が短縮される傾向にあるため、確認してください。

使いやすさやサポート体制とともに重視したいのが、セキュリティです。主に社内で使用する場合は、機密事項などが漏れ出ると会社の存続にも影響を与え、有料配信サービスを展開する会社のセキュリティが甘いとコンテンツが複製されるなど、売上だけでなく信用も失ってしまいます。その点で、暗号化技術を使って配信したり、ストリーミング方式で配信したりする場合でも視聴した端末にデータを残さないなど、高度なセキュリティ技術を使用している構築・開発業者を利用したほうが安全です。

 

動画配信システムの構築・開発業者の数は増えていますが、まずは自社でどのような使い方を想定しているのかを把握してから業者選びをする必要があります。また、データ容量やライブ配信などの有用なサービスの有無や料金、使いやすさやサポート体制、セキュリティに関する考え方を確認して選ぶことも大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく