動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システム導入にかかる費用は?安くおさえるコツはある?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/02

動画配信システムの費用は、利用するサービスによって異なります。継続的に利用することを考えるのならば、安い方が使いやすいことに違いはありません。しかし、それだけでは満足な動画配信を行うことができなくなる可能性もあるでしょう。費用をおさえながら、目的に応じた最大限のパフォーマンスを発揮できるように準備を整える必要があります。

動画配信システムは初期費用と月額料金が基本

基本的に、動画配信システムで必要になる費用は2つの種類があります。まず、動画配信システムを利用するために導入する初期費用です。システムを構築していくときに必要になるもので、一般的には5万円程度から始めることが可能とされています。

動画配信は、あくまでもWEBに存在するネットワークを用いて行っています。ネットワークを経由するために必要なシステムやプログラムを導入することで初めて実現できるため、この部分の初期費用は不可欠でしょう。システムの初期設定やユーザー登録、可動テストなどを含めてすべてここに含まれます。

そして、この初期費用にかかる動画配信システムを継続して利用していくためには、月額料金が必要になります。これは、システムを維持管理するためにはコストが必要になるからです。動画配信システムは、業者が管理することになるため、利用ユーザーに対してすべてのシステムを投げ売っているわけではありません。つまり、サービスを提供している業者の体制に不備が生じてしまうと、システムを利用できなくなる可能性もあるのです。

安定してサービスを供給するためには、それを利用できるだけのコストが必要になるため利用ユーザーにも料金が求められます。月額料金も、一般的には4~5万円程度が最低限の目安です。よいサービスを使うときには10万円以上は必要になるため、費用をおさえるための1つの目安になるでしょう。

高性能なサービスほど価格は高くなる

動画配信システムには、最低限の初期費用と月額料金が必要です。では、これらはどういった基準で価格が決められるのでしょうか。大きな要因になっているのが通信速度とサーバーです。一般的な通信サービスを利用するときであっても、通信速度が遅いものは料金が安くなる傾向があります。

通信速度は、あらゆるWEBサービスに影響を与えるものです。これが高速になればなるほど、スムーズにインターネットを楽しむことができるようになります。つまり、動画を見るときであっても遅延を生じさせることなく見られるようになるのです。

そして、通信速度と同様に重要なのがサーバーの維持管理で、高品質なサーバーを利用するほど高い費用が必要になります。サーバーは、インターネット上で取り扱うデータを管理するコンピュータと考えればわかりやすいでしょう。

WEBに存在するデータは、直接的に相手のデバイスに渡っているわけではありません。サーバーというコンピュータを介してデータの送受信を行っているため、サーバーの性能が悪いとサービスの質が悪くなります。たとえば、サーバーのメンテナンスが常に必要なサービスを利用した場合には、ネットワークを介してデータの送受信を効率的に行うことができなくなるため、動画配信が非常に重くなります。こういった要因を含めて、より安くて使いやすいサービスを探すのが動画配信システムのコツです。

安くしたいときはオプションを制限しよう

すべての状況に応じて動画配信システムを提供することは、優秀な業者であっても難しい傾向があります。一律にサービスを提供していると、目的に応じてよりよいサービスを利用できなくなる可能性もあるからです。そこで、動画配信システムを提供している業者は、それぞれの利用ユーザーが目的を達成できるようにオプションを提供しています。

費用を安くしたいときには、このオプションをなるべく減らすことも大切でしょう。たとえば、オプションの代表的なものがユーザー数の増加です。動画配信を行う目的は、自社が提供する映像を視聴者に見せることでしょう。ただし、視聴者に見せるとはいっても、無制限に視聴を認めてしまうとサーバーに負荷がかかってしまうため、満足な動画配信を行うことができなくなります。

そこで、多くの業者は視聴者数に制限を設けて、その範囲内でサービスを提供できるように工夫をしているのです。仮に、視聴者数が10~20人程度の場合は、月額料金を5万円程度にするなどといった対策をしています。

そして、この制限は視聴者数の増加というオプションをつけることによって解放できるものも少なくありません。視聴者数を増加させると費用は高くなりますが、それだけより多くの人に動画を見てもらえるようになるため、費用分の価値はあるでしょう。こういったオプションは、多くの業者に見られる傾向であるため安くしたいときは必ず確認しておかなくてはいけません。

 

動画配信システムの費用は、必ず支払わなくてはいけないものとそうではないものにわかれています。そのため、必要なオプションを見極めなくてはいけません。目的によっては、最低限の費用でシステムを構築できるため自社に応じた最善の選択が大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく