社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

オンプレミス型の動画配信システムのメリット・デメリット

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/02

企業が動画配信を行う際には、映像会社に制作依頼をして配信まで行ってもらうことが多いようです。映像を変更する場合は、再度依頼する必要があります。オンプレミス型の動画配信システムは、自社にシステムを導入するので、自在に内容を変更・修正できるというメリットがあります。ただし、安定して稼働させつづけるには、メンテナンスの継続が必要です。

オンプレミス型動画配信システムを導入するメリット

オンプレミス型動画配信システムは、企業が自社内の施設で運用するタイプのシステムです。このシステムを導入するメリットは、企業が動画配信を行う際に、用途に合わせて配信ができ、自在に運用ができる点でしょう。動画共有サイトが広く浸透していますが、細かな利用規約があり、その都度変更されるため、企業が提供する動画の内容が利用規約に合わなくなってくる可能性が出てきます。

オンプレミス型動画配信システムは、企業が制作会社に動画制作や配信を依頼せずに済みます。そのため、スムーズに動画を配信でき、効率的に異なる内容の動画に差し替えられます。企業が通販番組を持つことも可能で、多くの商品を取り扱っている場合、次々と動画の撮影をしていかなければいけません。そのような用途では、外部の動画配信サービスや映像制作サービスを利用するよりも、オンプレミス型動画配信システムを導入する方が向いています。

自社コンテンツが充実している企業ほど、このシステムを導入するメリットは多いようです。外部の動画共有サービスや配信プラットフォームは、機能面で使いやすくなってきています。しかし、企業が取り扱うコンテンツの数が多いほど、一元管理がしにくくなってくることも多々あるようです。自社にシステムを置いておけば、時期に合わせてシステムの変更を行え、すべてを外部に委託するよりも安心できるメリットがあります。

ンプレミス型動画配信システムを導入するデメリット

オンプレミス型動画配信システムを導入するデメリットは、システムの管理を自社で行わなければいけない点です。外部の動画共有サービスや動画配信サービスは、それぞれの運営会社がサーバなどの機材やデータベースを一元管理しています。しかし、オンプレミス型の動画配信システムは、自社で機材とデータベースの管理を行う必要があり、メンテナンスをする必要も出てきます。

クラウドタイプの動画配信プラットフォームは、機材の導入が不要なので、初期コストやランニングコストを最小限におさえられます。しかし、オンプレミス型動画配信システムの導入を行うと、サーバなどの機材の初期コストがかかり、メンテナンスを行ったり、動画の管理を行ったりする人材が必要です。

運用コストがクラウド型よりもかかってくるというのが、オンプレミス型を使うデメリットであるため、少しでもデメリットを減らすには、クラウド型と併用したり、機材を借りたりといったことが考えられるでしょう。自社で動画配信ができるのは、通販番組を構築したい企業にとって有効な手段です。

コストがかかる点をクリアすることで、企業は自社でシステムを構築して、さまざまなコンテンツを消費者に配信していく環境を得られます。企業には、オンプレミス型システムのデメリットを理解して、導入していく工夫が求められるでしょう。

自社で動画配信システム構築のメリットとデメリットを理解する

動画を配信する目的は、消費者に商品を紹介する手段としたり、社内の社員に対する研修用のレクチャー動画を用意したりと幅広い用途があります。これらの異なる用途ですべての動画コンテンツを外部の動画プラットフォームで配信していくのには無理が生じ、管理がしにくくなるでしょう。

オンプレミス型の動画配信プラットフォームを導入することで、社内向けの動画の配信や独自の通販番組の構築などを行えます。動画配信の方法をどのようにしていくのかを考えることで、用途に合った配信方法を構築でき、無駄のない企業に適した動画配信環境を整えられるでしょう。

近年では、LEDを使ったディスプレイを搭載した街頭向けの看板が数多く配置されています。このような端末に、宣伝動画をネットワーク上から配信していくことで、シームレスにさまざまな宣伝を行えるようです。しかし、外部の動画配信プラットフォームで提供されているのは、主にネット上での動画配信であり、電子看板のような用途では、自社で動画配信プラットフォームを構築した方がよいこともあるでしょう。

オンプレミス型動画配信システムは、ネットを通して世界中に動画を配信できます。また、狭いネットワーク上で動画を配信したいといった用途でも優れたプラットフォームであり、企業が考えている用途のほとんどに対応させられます。コストをかけられる分、企業に最適化させられるのです。

 

自社で動画配信が行いやすくなるオンプレミス型動画配信システムのメリットとデメリットを理解しておくことは大切です。動画配信が当たり前になった時代において、企業が情報発信を行う手段として、動画の活用の必要性はますます増えてくるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく