動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムのセキュリティは?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/15

インターネット回線を用いて動画を配信するということは現在では一般的になり、またリモートで仕事をする上ではこの動画というのは欠かせないインフラとなりつつあります。しかし動画配信を行う上で考えておかなければならないのがセキュリティで、セキュリティの問題を軽視するとさまざまな不利益を被る可能性があるものです。

動画配信システムを利用する理由

動画配信システムは利用者の求めに応じて、動画を中継するサービスのことです。有名な所としてはYouTubeがありますが、基本的にはサーバーに撮影した、または撮影している動画を一旦預け、それを視聴しているユーザーに対して配信するというもので、これにより複数の人が同時にその動画を視聴することが可能となります。

会議システムの場合には双方に通信できるようにしたものですが、一方的に情報を発信する場合には動画配信システムが適した方法です。動画配信システムを利用する理由は一つに自前で用意することのコストの高さの他セキュリティの問題があります。とくにコスト面では非常に高額なものとなってしまいますし、運営にあたる人間のスキルも求められます。既存のサービスを利用した方がコストを抑えることができるメリットがあり、そのうえ責任を持って運営を行っているのでセキュリティ面でも万全です。

一方で動画配信を行う分野としては教育機関で現在では多く使われるようになっており、大学や専門学校などで使われ授業用の動画配信が行われていますし、企業向けとしては社員などへの研修を目的として動画を配信するといったことが行われています。いつでも視聴できる状態にしておくことで利用者が都合のいい時間帯に見ることができますし、また生中継のものであればリアルタイムでの研修に役立てることができるものです。

動画配信システムを利用する前に知っておきたいこと

動画配信の方法にはビデオ配信とライブ配信があり、また再生する場合にはストリーミング再生に対応しているかもポイントとなります。ビデオ配信は用意した動画を配信するというもので、利用者の求めに応じて再生が行われるほか、ライブ配信と組み合わせることで指定の時間だけ視聴できるようにするということが可能です。ライブ配信の場合には撮影している映像または用意しておいた動画をリアルタイムで配信するというものになります。

一方でストリーミング再生は、すでに配信された動画を好きな場所から再生できるというもので、ビデオ配信の場合には途中から再生ができますし、ライブ配信の場合には既に配信された動画を巻き戻して見ることが可能です。どのような方法で配信するかは、その趣旨によって選ぶ必要があります。

基本的には配信中の動画をダウンロードして保存するということはできませんが、任意のツールを使うことによって保存することが可能なケースもあります。他に拡散したくないような場合には、このようなツールを使っても保存できない配信方法を採用しているところを選ぶ必要があるものです。いずれにしても、これらの環境を自前で用意するというのには膨大なコストがかかるのでセキュリティ面でも甘くなりがちですから、既存の動画配信システムを利用する方がコストを抑えて効率よく行うことができます。

動画配信で気を付けたいセキュリティとは

動画配信の目的というのはそれぞれにあるもので、中には公に広く知ってもらいたいような動画を配信するために利用するというケースもあります。このような多くの人に知ってもらいたい場合には、YouTubeなどの大手の動画配信サイトを利用するのが一般的です。

一方で特定の人に対して配信を行いたいといった場合には、一定のセキュリティが求められます。分野としては有料のコンテンツや企業内での研修や情報を共有するための物などが考えられ、この場合には視聴するためにIDやパスワードを入力しなければ視聴できないようにしなければなりません。また通信を行うときにはSSL対応や暗号化など基本的なセキュリティを有しているほか、動画内に透かしを表示させることによって、動画の権利を主張するということも必要になります。

またダウンロードして保存されて困るような場合には、コピーを防ぐための仕組みを取り入れることが必要です。動画配信システムの業者を利用する場合には、配信能力だけでなくこれらセキュリティ面においても充分に水準を満たしているものを選ぶことがトラブルを避けるためにも欠かせません。また、セキュリティは業者だけに任せれば完璧というものではなく適切なアドバイスをしてくれ、アフターフォローも万全なところを選ぶことが円滑に運営していくという上でも欠かせないことです。

 

動画配信システムを特定の人に対して行いたい場合には、セキュリティの水準が一定に達している業者を選ぶことが大切です。また運用中の適切なアフターフォローやその対応もトラブルを最小限にするという上で欠かせない要素となり、業者を選ぶときのポイントになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング
記事一覧

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく