動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムは自社にも必要?活用方法を紹介

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/06/21


誰もが簡単に動画を作成し、配信できるようになった現代、あらゆる場面で動画配信が活用されるようになりました。企業においても、社内会議やセミナーといった場面での動画配信が増えてきています。今回は、これから動画配信システムを利用していきたいという方へ向けて、活用方法を紹介していきます。

動画配信システムとは?

動画配信システムとは、webを利用して動画を配信するシステムのことです。一般的には、誰でも視聴できるというものではなく、ある特定のユーザーや、組織内に向けて配信できるシステムのことを指しています。動画配信システムは、マーケティングをはじめとしたビジネスへの活用が加速しており、年々注目を集めつつあります。主な利用者は企業ですが、大学や専門学校といった教育機関のほか、個人でも利用されています。

動画配信システムが企業から求められている理由

多くの企業が動画配信システムを導入する理由には、業務の効率化が挙げられます。動画配信システムを導入することで、業務を効率化することができるのです。具体的にどういったことができるのか、見ていきましょう。

多くの情報を、より正確に伝えることができる

動画は、短い時間で多くの情報を伝達することが可能です。映像、音声、テキストがセットになって伝わるため、文書よりも、より正確に、そしてより記憶に残るように伝えることができます。また、一度限りではなく、何度も再生することができるため、聞き逃した際には巻き戻してもう一度再生すれば、間違った認識を防ぐことができます。

スピーディに伝えることができる

動画配信システムを導入すると、環境さえあればどんな場所にもリアルタイムで配信することができます。もし、配信がなく、後日、会議資料や議事録で決定事項等が共有される場合、全社員への伝達に時間がかかってしまうという、タイムラグが生じてしまいます。動画配信を行えば、離れた支店や営業所にもすぐに情報が伝わり、意思疎通がスムーズになります。

経費削減になる

資料作成費や、交通費といったコストを削減することができます。例えば、会場を指定した社員研修で、文書を使って説明を行うという場面を想像してみてください。文書を作成した場合、その印刷費がかかってしまいます。指定の会場代や、社員の交通費、時にはホテル代も必要になってきてしまいます。これを動画配信での研修にすれば、印刷費、会場代といった経費がかかることはなく、コスト削減になります。また、社員の移動時間もなくなるので、その分、業務効率化をいっそう進めることができます。

動画配信システムを活用できるシーン

動画配信は、企業活動のさまざまな分野で利用されていますが、具体的にはどのような場面で活用されているのでしょうか。さまざまなシーンで活躍する動画配信システムの導入事例を、いくつか紹介します。

社外向けの使い方

社外向けには、製品のPR、会社説明会、セミナーといったことに動画配信システムが活用されています。自社の製品やサービスを動画配信でブランディングし、企業PRをすることで、広報活動を行うことができます。いくつかの会場をつないで会社説明会や株主総会などをライブ配信したり、自社で開くセミナーを動画で配信したりすれば、会場費など費用がかかりません。

必要なのは動画の制作費のみで、大幅な経費削減を行うことができます。担当スタッフが各地を回って同じ説明を何度も繰り返すといったこともなくなります。また、場所も選ばないため、全世界に向けて発信することが可能になります。

社内向けの使い方

動画配信システムは、製品のPRや会社説明会など、社外向け配信が主なものと思われがちですが、そうではありません。社内的にも、様々な使い方ができます。社内研修や社内会議の共有が、その主な例です。社内研修の場合、研修内容を動画で配信することで、遠隔地にも同じ内容を届けることがきます。

当日参加できなかった社員も、動画を残すことで追体験することができ、講師側も、何度も同じ話を繰り返す必要がありません。閲覧記録が分かるシステムにすれば、誰がいつ視聴したか、といったデータも残るため、これを社員の評価基準に採用している企業もあります。

また、研修だけでなく、社内会議の共有にも、動画配信システムを活用できます。本社の会議をライブ配信したり、本社と支店をつないだりして、スピーディかつ正確に情報共有を行うことができます。動画配信システムで会議の様子をライブ配信することで、どのような議論が交わされているのか、リアルタイムでその場の空気感も伝えることが可能になります。情報が正確にかつスピーディに共有できるようになり、企業の一体感を醸成することも期待できます。

 

動画配信システムを活用することで、多くの情報を、より正確に、スピーディに伝えることができ、また、経費を削減することも可能です。今後、業務効率化のためにも、動画配信を活用する企業は増えていくでしょう。セミナーや社内研修といった、さまざまな場面に有効な動画配信システムを、ぜひ活用していきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング
記事一覧

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく