社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

動画配信システムを導入するとどんなことができるの?

公開日:2021/01/15  

インターネットで動画配信システムを使うことで、多くのメリットが期待できます。完全無料でシステムを導入できるためにデメリットはないといえるでしょう。デメリットなしでメリットばかりを取得できるので、多くの企業が動画配信システムを導入しています。そのため、大企業のみではなくて中小企業にも徐々に普及しているのです。

中小企業でも導入できる

動画配信システムを企業が導入するにはインターネット契約をする必要があるために、毎月の経費がかかる傾向がありますが、その分大きなメリットがあります。動画配信システムを導入することで自社が活動している地域のみではなくて、全国の人に自社を最大限にアピールできるメリットがあるでしょう。全国に自社を認識させることによって、遠方からの依頼も得ることができるために仕事が増える傾向があります。

しかし、依頼が増えた場合、それに伴い対応可能な人材の確保も求められます。多くの大手企業はインターネットで動画を配信して集客をしているので、動画を配信することで得る利益が大きいことは証明されているのです。しかし、中小企業には動画配信システムがまだ普及していませんが、今後は動画を配信するシステムを導入した企業が増えると予想されています。

動画を配信するシステムを導入するためにはインターネットに関する多くの知識が必要というイメージがありますが、実際はインターネットに関する専門知識は必要ありません。基本的なパソコンの操作ができれば、誰でも簡単に行うことができるでしょう。パソコンのスペックも一般家庭で使用しているスペックがあれば充分なので、インターネット契約をするだけで簡単に利用でき、配信を始めることが可能です。動画配信システムは簡単に導入できるだけでなく、自社の認知度を高め、大きな利益を生み出すことが期待できます。

新型コロナウイルスの感染を防ぐ

インターネットを使用した動画配信システムを導入することでオンラインで企業説明ができるため、現在の新型コロナウイルスの中でも企業説明会を開催して優秀な人材を集めることができるでしょう。新型コロナウイルスの感染防止に非常に効果的な対策としては、3密を避けることですが動画配信システムを使用することで可能となります。そのため、大企業はインターネットで動画を配信して応募者を集め、中小企業よりも効率よく人材を集めることが可能です。

インターネットを導入することで企業説明会のみではなくて、オンラインで面接をできるので、新型コロナウイルスの感染を回避するだけじゃなくて、短期間で多くの応募者の面接をすることにもつながるでしょう。

企業側が利益を求めるためにはコストダウンを成功させることが重要なので、インターネットが活用されています。動画を配信している大企業の場合には動画を配信する専門の部署が設置されていることから、メリットが大きいことも明らかでしょう。

現在はインターネットが普及しているため、動画を配信すると多くの人が見ることができます。しかし、インターネットで動画を配信して宣伝をする場合には、老若男女すべての人を対象にしているのではなく、高齢者の場合にはインターネットを使用することが難しいために若い人を対象にすることが多いです。

YouTubeで利益と集客を期待できる

現在は一般の人でも簡単に動画を観覧したり配信したりできますが、これを有効活用するために多くの企業がインターネットで動画配信システムを使用しています。日本では1番知名度が高い動画配信システムはYouTubeのため、大企業の多くはYouTubeを使用して動画を配信しています。

YouTubeは利用するためにお金が一切必要ないので、コスト削減をして利益を生みだすことができるでしょう。YouTubeを観覧する人も費用が一切必要ないため、誰でも気軽に観覧することが可能です。YouTubeを利用することで無料宣伝ができますが、YouTube独自で行っている審査に通過することによって、自社の動画に広告を付けることができます。

動画に広告が付くと観覧者がワンクリックすることでお金を入ってきます。自社を宣伝することだけでなく、利益も同時に発生させることができるため、宣伝と利益の両方の効果を期待することが可能でしょう。

そのため、宣伝よりもYouTubeでの利益を大きく求めている企業もたくさんありますが、まずは宣伝と利益どちらかをメインにするかを明確にする必要があるでしょう。どちらをメインにするか決めず、あやふやなままYouTubeを利用していると、利益が出づらくなるだけでなく集客も難しくなってしまいます。そのため、まずはYouTubeを利用する前に、メインはどちらにするかしっかりと決めることが必要です。

 

動画配信システムを利用すると、自社を全国にアピールできるだけでなく大きな利益も期待することができます。また中小企業でも簡単に導入することが可能なので、今後利用する企業は増えていくでしょう。動画配信システムは業者によって提供しているサービスに違いがあるため、導入する場合は比較することをおすすめします。

おすすめ関連記事

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
5
4
3
2
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく