動画配信・ビデオ配信システムを比較しました!社内や会員向けに限定して使えるおすすめの配信システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

クラストリームの画像1

社名 株式会社アイ・ピー・エル
設立 1992年(平成4年)2月
所在地 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4丁目9番17号 ハラダセンタービル
TEL 046-295-3971
代表者 吉川 実
資本金 1,000万円
事業内容 動画配信サービスの提供
コンピュータソフトウェアの開発
おすすめポイント3,000時間の動画が保存できる圧倒的な大容量

クラストリームは社員や会員限定の動画配信ができる、高機能動画配信プラットフォームです。安定した品質、稼働実績、使いやすいユーザーインターフェースなど、動画配信システムとして、最高レベルの機能性とセキュリティを実現しています。

会社員、受講生などに限定して高セキュリティな動画配信ができるクラストリームなら、ビジネスの現場でも安心して利用できます。また閲覧履歴管理、ログ記録などビジネス利用に適した機能も標準で搭載されています。

クラストリームの画像

クラストリーム

3,000時間の動画が保存できる圧倒的な大容量

公式サイトで詳細を見る

クラストリームとは

クラストリームの画像2クラストリームとは録画した動画や画像やライブ中継を、視聴者に限定して配信できるサービスです。スマーフォンやPCから、映像配信のプラットフォームであるクラストリームが万全のセキュリティで視聴者に配信します。

らくらく操作で動画配信ライブ中継

録画した動画をクラウド上にアップロードすることで簡単に配信可能です。またライブ中継による動画配信もできます。

視聴はスマートフォンやタブレットなどマルチデバイスに対応しています。延べ1000社、60万人を超えるユーザーに利用されています。

視聴者限定で安心の会員制

会社内の会員制など視聴者を限定した、動画配信サービスが運営可能です。会員管理機能、ポータル機能が標準装備されているので、所属部署、履修科目、会員種別などに分けて、ユーザーや動画ごとに視聴制限をかけることができます。

大切な動画を守る最新のセキュリティ

セキュリティのプロがあらゆる事態を想定して対策を実施しています。SSL対応、暗号化、透かし表示などで外部漏洩のリスクも万全です。

管理機能付きの動画配信プラットフォームなので、他社に悪用される心配のない充実したセキュリティです。

他社にはない「クラストリーム」の強み

クラストリームの画像3クラストリームには、動画配信システムとして他社にはない強みが3つあります。

約3,000時間の動画が保存できる圧倒的な大容量

クラストリームのデータ保存容量は、1,024GBと業界最大クラスです。画質も800kbpsと高画質で、約3,000時間の動画を保存可能です。

他社と比較して桁違いの容量があります。容量を気にする必要がないので、毎回の授業や研修、会議まで、大量の映像を保存することができます。

クラストリーム上に自分の持つ知識やノウハウが、動画ですべて集約されることで活躍シーンをどんどん広げることができます。

2倍速で録画映像が視聴できる「聞こえる倍速」

クラストリームには、業界初の新機能「聞こえる倍速」があります。NHKエンジニアリングシステムの和速変換技術を応用し、従来1.3倍速が聞き取れる限界と言われている早送り再生を、2倍速で再生してもしっかりと聞き取ることができます。

長時間の授業や研修動画の視聴時間が、半分に短縮できるため、復習や事務効率アップに最適です。

5分で会員限定の動画配信サービス

インターネットを経由した限定の動画配信を、すぐにスタートできます。専門の視聴ホームページ限定配信のためのログインのしくみ、会員管理など必要な機能が充実しているので、動画さえあれば今すぐ始められます。

もちろん初めての方でも安心して始められるサポートも万全です。全機能マニュアルがあるのはもちろん、担当者が丁寧にサポートを行うので、すぐに始めることができます。

動画配信システムの機能について

クラストリームの画像4クラストリームの動画配信システムについて利用の流れに沿って紹介します。

コンテンツ登録

クラストリームでは録画映像だけでなくライブ中継も簡単に行うことができます。専用のホームページを用意する必要がなく、すぐに動画配信を始めることができます。

動画のアップロードやライブ配信が可能です。また一つの動画を再生するプレイヤーではなく、動画配信サイトがあります。他には動画の埋め込み、動画の販売、グループ機能を使った視聴制限があります。

会員への通知

視聴するために必要な情報を視聴ユーザーに通知します。ユーザー情報の管理、メールの一斉送信、視聴、購入履歴などの機能があります。

視聴

使いやすさにこだわった視聴ページは直感的に映像を選択できます。多くの動画配信を想定して検索機能やカテゴリー、並べ替え機能なども充実しています。

ログインが必要な限定配信、マルチデバイス対応、ユーザー回線環境による画質選択ができます。他にも聞こえる倍速、検索機能などの視聴機能もあります。

クラストリームの料金

クラストリームの画像5クラストリームは初期費用無料です。どのコースも保存容量は1,024GBで、他社と比較すると圧倒的な保存容量です。

ライトコース

ライトコースは100名規模の配信向けで、5万円/月で利用することができます。視聴ユーザー数は100人、同時視聴者数は50人、最大同時ライブ配信数は1です。

主な機能として、視聴権限設定、ライブ、動画配信、PDF連携、ユーザー管理、視聴履歴、一般公開機能、マルチアカウントなどがあります。

スタンダードコース

スタンダードコースはセキュリティ重視の企業向けで、10万円/月で利用することができます。視聴ユーザー数は1,000人、同時視聴者数は100人、最大同時ライブ配信数は3です。

主な機能として、ライトプランの全機能、IPアドレス制限、二段認証機能ウォーターマーク表示、などがあります。

エンタープライズコース

エンタープライズコースは大規模配信にも対応していて、15万円/月で利用することができます。視聴ユーザー数は1万人、同時視聴者数は5,000人、最大ライブ配信数は3です。

主な機能として、スタンダードプランの全ての機能、CDN配信機能などがあります。

まずは「ホームページから資料請求」をしてみよう!

今回はクラストリームについてまとめました。5Gの登場で動画がサクサク見られるようになった現在、動画配信の需要が伸びています。

映像配信のプラットフォームを利用すれば、楽々動画を配信できるようになります。万全のセキュリティと、視聴者を限定できるので安心してクラストリームを利用できます。

ぜひ興味を持った方は、ホームページから資料請求をしてみてください。

クラストリームに寄せられた口コミや評判

「クラストリーム」を取り入れた初めのきっかけは、アプリケーション部分を上手く活用させていただけるという点で、映像配信システムを開発しているアイ・ピー・エル様と、自社でデータセンタを保有している電算システム、双方にプラスな話だと思ったからですが、機能面において魅力を感じた部分ももちろんあります。特に、「聞こえる倍速機能」は業界初の2倍速でも聞き取りやすい機能として、とても魅力を感じました。さらに、サービスを展開するにあたって非常に有り難かったことは、「柔軟な対応力」でした。

引用元:https://classtream.jp/

クラストリームは、IPアドレス制限や暗号化配信などセキュリティを重視した機能をもっていることや、リーズナブルであること等が導入の決め手となりました。加えて、導入時に必要なセキュリティチェックや各種要望に、柔軟に対応してくれるフットワークの良さにも助けられています。

〇スマホ一台で気軽に撮れて見られることがポイント
既に社内ネットワークにつながるスマートフォンを使って、ライブ配信も実施しています。

モバイルアプリ「クラキャスター」は、ボタン一つで簡単にライブ配信ができるため、とても便利です。配信終了時に、簡単にライブ動画をクラストリームにアップロードできるため重宝しています。視聴者側もスマートフォンでいつでもどこでも動画を見ることができるため、効率化に繋がっています。

引用元:https://classtream.jp/

クラストリームの画像

クラストリーム

3,000時間の動画が保存できる圧倒的な大容量

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング
記事一覧

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく