社内や会員など限定して使える動画・ビデオ配信システム業者を5選徹底比較しました!システム選びのポイントや口コミや評判も紹介!

J-Streamの画像1

社名 株式会社Jストリーム
設立 平成9年5月
所在地 〒105-0014 東京都港区芝二丁目5-6 芝256スクエアビル6階
代表者 石松 俊雄
資本金 21億8,237万円 (2020年9月末現在)
事業内容 ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業
ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業
デジタルコンテンツ、出版物の企画・制作・販売及び賃貸業 など
おすすめポイント5万円から始められる動画配信プラットフォーム

Jストリームはインターネットにおける動画配信の先端企業として様々な情報発信やコンテンツ配信の手法を提供しています。提供したい情報に合わせたコンテンツの企画制作やウェブサイト構築と運用、あらゆる端末に対応した高品質で安定した配信サービスです。

動画コンテンツ管理やセキュリティなどの配信設定、あらゆる端末で視聴を可能にするマルチデバイス対応、アナリティクス機能など、動画配信プラットフォームとして、必要な機能とワークフローを一元的に提供します。

J-Streamの画像

J-Stream

5万円から始められる動画配信プラットフォーム

公式サイトで詳細を見る

Jスクリームが選ばれる理由

J-Streamの画像2Jスクリームはビジネスシーンでの動画配信のツールとして、2,000以上のアカウントを導入し、培われたノウハウがあるので、利用者に選ばれ続けています。他にもJスクリームが選ばれる理由があります。

課題解決型の動画制作

利用者の課題を解決するために、どのような情報をどういった形で動画として作り上げるかを日々考え、動画を課題解決の手段の1つとしています。動画による価値創造に務めています。

盤石な配信ネットワークと安心のサポート体制

自社保有、運営のコンテンツ配信ネットワークによって、安定した動画配信をしています。充実したサポート体制から国産サービスの安心を感じることができます。

使いやすい管理画面

たった3ステップで作業動画の配信が可能です。利用者のスキルに左右されず、ネットに不慣れな人でも簡単に利用することができます。

J-Streamの画像

J-Stream

5万円から始められる動画配信プラットフォーム

公式サイトで詳細を見る

動画でサービスの販促プロモーションを実施

J-Streamの画像3動画は静止画やテキストよりも、多くの情報をより分かりやすく伝えることができる特徴を持っています。実際に行った調査でも、動画視聴者が実感している「動画ならではの効果」について「わかりやすい」「性格に情報が伝わる」「記憶に残る」といった回答が上位に挙がっています。

インタラクティブ動画

これまで一方的に視聴するだけだった動画に、視聴者がタップやクリックで触ることができる仕掛けを設けたインタラクティブ動画です。

制作したインタラクティブ動画はWebサイトに設置するだけでなく、SNSなどとも連携し、広告として配信することで既存顧客へのリーチや、新規顧客の獲得につなげることも可能です。

通常2~3%の視聴完了率が8.6%に、通常1分25秒の平均視聴時間が3分2秒に、動画内をタップしたアクション率が53%になるなど、インタラクティブ動画には多大な効果があります。

動画メール

動画メールは、メーラー上で動画が再生できます。メールに新たに動画という要素を加え、休眠顧客に対しては、興味、関心を喚起し再度購入を促すことができます。

また新規顧客の獲得施策としては、会員向けに動画メールを送信、動画での訴求により従来よりも高い新規顧客の獲得が期待できます。

動画広告サービス

Jストリームが他社とは違い、動画広告を単体で考えていません。動画広告はコンテンツとしてスタートさせ、視聴をユーザーに習慣づけてこそ、初めて収益化できるものと考えています。

Jストリームの動画広告は20年以上にわたり培ってきたノウハウを活かし、メディア運営の経験が豊富なスタッフが動画コンテンツの手伝いから広告でも収益化まで提供するメディア支援型のサービスです。

動画作成サービス

「自社にマッチする優秀な人材を獲得するため、会社の魅力を学生に伝えたい」「Webサイトで効果的にサービス特徴を訴求したい」などに対し、サービス理解、マーケット理解などをおこない、利用者の悩みを解決する動画を提案しています。

Jスクリームの主な機能

J-Streamの画像4J ストリームは、動画配信プラットフォームとして様々な機能を搭載しています。主にスムーズな動画配信と強力なセキュリティがあります。

セキュアな配信

動画再生を許可するサイトの限定や、アクセスに制限を掛けることができます。さらに暗号化された動画を配信する「暗号化配信」機能もあります。

動画視聴解析

動画視聴解析ツールが利用できます。再生回数や視聴時間を動画単位、全動画計で解析できます。

API

動画関連のメタ情報を読み出すAPI、プレイヤー動画を制御するAPIなどを利用することで、様々な実現が可能となります。

管理グループ

複数部門で一緒に管理する場合に、管理対象を括ったり操作制限を個別に付与できたりします。

マルチデバイス対応

共通の1つの埋め込みタグをページに貼るだけでスマホ、タブレット、PCに配信できます。

多機能プレイヤー

再生速度、字幕、画質選択、プレイリスト、関連ページ、スマホ用UIなどの機能を持った、Jストリーム独自のプレイヤーがあります。

料金

J-Streamの画像5料金は用途に応じた3つのコースに分かれています。利用方法や、同時接続数に合わせてプランを選ぶことができます。

スタートアッププラン

スタートアッププランは、5万円/月で利用可能です。ストレージ容量は500GB、月間流量上限は300GBです。ライブ機能は同時に50人接続可能です。

ビジネスプラン

ビジネスプランは、10万円/月で利用可能です。ストレージ容量は2,000GB、月間流量上限は1,000GBです。ライブ機能は同時に100人接続可能です。

エキスパートプラン

エキスパートプランは、16万円/月で利用可能です。ストレージ容量は3,000GB、月間流量上限は1,500GBです。ライブ機能は同時に2,000人接続可能です。

まずは「ホームページから資料請求」してみよう!

今回はJストリームについてまとめました。Jストリームは、国内最大級2000アカウント以上の利用実績があり、5万円から始めることができます。

動画配信だけでなく、プロモーション動画作成、ライブ配信、コンテンツ販売など幅広い事業を展開しています。動画に関する利用者の「したい」を叶えるソリューションがあります。

ホームページにてお問い合わせや資料請求ができるので、興味を持った方はチェックしてみてください。

J-Streamの画像

J-Stream

5万円から始められる動画配信プラットフォーム

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
おすすめ動画・ビデオ配信システム業者ランキング
【最新】おすすめ動画配信システムの口コミや評判

おすすめ動画・配信システム業者ランキング

商品画像1
5
4
3
2
会社名
クラストリームviaPlatz(ビアプラッツ)millvi(ミルビィ)ULIZAJ-Stream
機能・動画アップロード
・ライブ配信
・動画配信サイト
その他、様々なコンテンツ管理機能あり
・ライブ配信
・視聴者設定
・簡易動画編集など
・コンテンツ管理
・ライブ配信
・アップロードなど
・ライブ配信
・動画コンテンツ配信ネットワーク
・統計レポートなど
・ライブ配信
・コンテンツ内製支援
・動画視聴解析など
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく